回復期リハビリテーション病棟へ入院される患者様へ

HOME > 回復期リハビリテーション病棟へ入院される患者様へ

回復期リハビリテーションとは?

けがや病気などで身体能力が低下した患者様に、「家庭復帰」・「社会復帰」・「寝たきり予防」を目的にリハビリを行う病棟です。
医師を始めすべてのスタッフとご家族が一丸となり、患者様ご自身が生きがいを持って生活していただけるようサポートします。

自分らしい生活を実現できるようスタッフと一緒に目標に向かって進んでいきましょう!

回復期リハビリテーションの流れ

入院時

医師・看護師・リハビリ・歯科衛生士・管理栄養師・相談員が患者様を知るためにアプローチ。患者様ごとの目標を設定します。

入院時訪問

スタッフがご家庭に伺い、どういった環境でどのように過ごされていたかを確認いたします。
患者様の目標に向けて、ご家族様のご協力をお願いします。また、退院時にむけて、家屋の改修を検討していただくこともございます。

協議

各担当者が集まり、実際にどのような訓練を行うかプランを立案し、総合実施計画書を作成します。

目標にあった訓練を行う
ご家族の介助指導

ご家族に訓練を見学していただきます。
帰宅後の生活や自主トレーニングを想定し、歩行練習や移動などの介助をご家族にレクチャーいたします。

外出・外泊練習

退院を視野に、外出や外泊の練習を行います。
実際に何が難しいのか、何が不安なのかを確認します。

退院前訪問

患者様と一緒にスタッフがご自宅へ伺います。
退院後のご家庭での生活指導や、福祉用具の提案をいたします。

退院時の指導 自主トレーニングの指導に加え、外来リハ・訪問リハなどの利用をご提案します。
退 院

入院時の一日

7:00頃 起床。洗顔・歯磨き、服の着替えなど
7:30〜8:00 朝食
9:00〜11:45 リハビリテーションプログラム。(各自の目標によって異なります)
12:00 昼食。
13:15〜17:40 リハビリテーションプログラム。(各自の目標によって異なります)
18:00 夕食。
21:00『おやすみなさい』消灯。

 

入院時の注意事項

■入院時に必要な書類

  1. ダウンロード】〜入院される患者様とご家族様にお尋ねいたします〜

※各書類は来院時にご記入いただきますが、来院前に予めご記入いただくこともできます。ダウンロードしたPDFを印刷し、ご記入してお持ちください。

■自己負担いただく費用

入院時、以下の費用がかかります。料金についてはお問い合わせください。

※出張理髪、水着、介護用品、歩行補助具の購入については指定業者を斡旋いたします。

■病床にてお貸しする備品

電動ベッドリモコン、電子体温計、カード式液晶テレビ、テレビリモコン、冷蔵ロッカー、寝具一式(掛布団・敷布団・肌布団・枕・シーツ・枕カバー・包布)、車椅子、歩行器、電動下肢運動器(CPM)、杖
※お貸しする備品の汚損・紛失時には賠償弁済金を頂戴致します

■その他注意事項

詳しくは「入院のしおり」をご覧ください。

水の力・人の手の優しさ

松永病院LINE始めました
▼▼▼
友だち追加

ページトップへ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文 (必須)

お電話でのお問い合わせ

tel 088−632-3328

医療法人 徳松会 松永病院